So-net無料ブログ作成

劇団☆新感線「犬顔家の一族の陰謀」に行ってきました。 [舞台]

前回から1月以上たってしまいました(^_^;)
随分とお久しぶりでございます。

昨日、大阪のイオン化粧品シアターBRAVA!へ、劇団☆新感線「犬顔家の一族の陰謀〜金田真一耕助之介の事件です。ノート」を観に行って来ました。
ここ数日の炎天下の熱さにも負けないパワフルな舞台で、これからの本格的な夏を乗り切るべく(?)エネルギーチャージして来ましたよ〜ヽ(^0^)ノ

以下簡単な感想です。
まだ公演期間も残ってますし、東京公演もありますから、できるだけネタバレにならないよう気をつけますが、まっさらな状態で公演に臨みたい方は読まないでくださいね。

続きを読む


nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:演劇

最近読んだ本(北村薫・池澤夏樹) [日本人作家]

玻璃の天

玻璃の天

  • 作者: 北村 薫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本

またたく間に2週間が過ぎてしまいました(^0^;)
最近すこし横になったら最後、そのまま眠ってしまいます。
どうしてこう毎日眠いのでしょう?自分でもよくわかりません(-_-)zzz
こんな事で夏が乗り切れるのでしょうか、私(7・8月は仕事がとても忙しいのです)。

読んだ本、またまた溜まってますのでさっそくいきますね〜。
今回は、表紙がシックで涼しげなものを2冊です。

1冊目は北村薫の最新刊『玻璃の天』です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:

最近読んだ本(奥田英朗・大崎梢) [日本人作家]

家日和

家日和

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本

奥田英朗の短編集です。
家と(普段)家にいる人たちが主人公のお話です。

空中ブランコ」などもそうですが、この著者の作品はユーモアと皮肉が良い具合にブレンドされていて、楽しくすらすら読めます。
短編集なので、感想はネタバレにならない程度で印象に残ったものを。

続きを読む


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:

最近読んだ本(畠中恵・柴田よしき・井上祐美子) [日本人作家]

まんまこと

まんまこと

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/04/05
  • メディア: 単行本

いつの間にやら2週間も更新が滞っていました(^0^;)

少〜し仕事がばたばたしていたのとあまり体調がよくなかったので、帰ってくるとバタンキューな毎日。
眠気に負けました。

だいぶ落ち着いてきたので復活します。
読んだ本もかなりたまってきてますので、さくさく行きますね〜。



まずは時代もの3冊。
しゃばけ」シリーズの畠中恵の最新刊から。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:

宝塚雪組「エリザベート」を観てきました。 [舞台]

先日、宝塚大劇場で雪組公演「エリザベート」を観てきました。

常につきまとう死(黄泉の帝王トート)の影と戦いながら、自らを束縛する全てのものから自由に生きようとしたオーストリアの美貌の皇后エリザベートの数奇な一生を、美しい旋律の歌で綴ったウィーン発のミュージカルです。

日本での初演は宝塚雪組。その後、星、宙、花、月と順に上演され、また雪組に戻ってきました。
東宝でも初演のトート役の一路真輝さんがエリザベート、トート役を山口祐一郎さん、内野聖陽さん、武田真治さん(2006のみ)で何度も再演されているのでご存じの方も多いと思います。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

ツヴェルガーの絵本③『オズの魔法使い』フランク・バウム/著 ほか [絵本]

The Wizard of Oz

The Wizard of Oz

  • 作者: L. Baum
  • 出版社/メーカー: North-South / Night Sky Books
  • 発売日: 1996/10/01
  • メディア: ハードカバー

表紙の絵(ケシ畑を行くドロシー、かかし、ブリキのきこり)にノックアウト。
気がつくと購入ボタンを押してしまっていた本です。
インターネットって便利・・・(そしてまた無駄遣いをしてしまう)。
本文103pと絵本と呼ぶには長いのですが、だいたい見開きのどこかには絵が入っています。
全編英語ですが、中学生レベルの私でも何とか理解できますし、有名なお話ですからストーリーもおおかたわかりますものね(^^)

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:

ツヴェルガーの絵本②『人魚ひめ』アンデルセン/原作 ほか [絵本]

人魚ひめ (アンデルセンの絵本)

人魚ひめ (アンデルセンの絵本)

  • 作者: 角野 栄子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 大型本

私が持っているツヴェルガーの絵本の中で一冊だけ選ぶとしたら(とても悩むですが)これを選びます。
この絵本は小学館がアンデルセン生誕200周年の記念に、角野栄子さん(『魔女の宅急便
』の作者)の文と有名な画家の絵の組み合わせでシリーズで刊行されたうちの1冊です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:

ツヴェルガーの絵本①『ブレーメンの音楽隊』 [絵本]

ブレーメンの音楽隊

ブレーメンの音楽隊

  • 作者: グリム兄弟
  • 出版社/メーカー: BL出版
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 大型本

また絵本を買ってしまいました・・・。
必ず新刊をチェックする絵本作家(画家)が何人かいるのですが、このリスベート・ツヴェルガーはそのうちでも5指に入るくらい大好きで、酒井駒子さんと同様、新刊を見かけると条件反射で買わずにいられないのです。

今回は、表紙にいる色んなポーズをするロバと犬と猫とおんどりにやられました。
かわいすぎる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:

最近読んだ小説(恩田陸、柴田よしき、島本理生、松岡圭祐) [日本人作家]

朝日のようにさわやかに

朝日のようにさわやかに

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本

最近あまり読んだ小説について書いていなかったのですが、ちゃんと読んでます。
なかなか感想がまとまらず溜まっていくばかりなので(一応このブログは読書記録も兼ねている)、忘れてしまわないうちにごく簡単に感想を。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:

映画「サンシャイン2057」 [映画]

先日「サンシャイン2057」(ダニー・ボイル監督)を見てきました。
目的は、もちろん真田広之さんです(^^)

この記事で、船長役を探していたダニー・ボイル監督に真田さんを推薦したのが、ウォン・カーウァイ(王家衛)監督(←好きなんです!)だと知り、俄然見たくなりました。
最寄りの映画館ではすでに1日1回の上映。
滑り込みセーフで見ることができました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。